11/26-12/1 東京・上野で盛岡を伝える写真展「ワタシ、ここで、ikite、いる。」開催決定!

もりおかコネクトとは

\よぐおでってくなはりあんすた、もりおかコネクトさ/

はじめまして。
もりおかコネクトは、盛岡市の西に位置する繋地域と、盛岡広域エリアのものづくりをPRする総合サイトです。
お届けするコンテンツは大きく分けて全部で3つになります!

  • 繋地域の地域情報(「歴史」「特徴」「名物」など)をご紹介致します!
  • 繋地域にある「盛岡手づくり村」を中心に、盛岡広域のものづくりの魅力をご紹介致します!
  • 繋地域で活動中の「地域おこし協力隊」の情報を発信して参ります!
あらかじめご了承下さいm(_ _)m
・当サイトでの物販のご対応は致しかねます。恐れ入りますが、ご紹介させて頂いた商品等につきましては、各お店や施設、団体へお問い合わせ下さいませ。
・また、お店、施設、団体への要望等につきましても、お手数ではございますが、各お店や施設、団体へお問い合わせ下さいませ。

「豊かな自然,伝統的工芸品,食文化,人情―たくさんある町の魅力の原点は人々の暮らしの中にある。」

そう考えた盛岡市は、キャッチコピー「もりおか暮らし物語」を打ち出し、これらの魅力を4つの物語としてまとめました。

もりおか暮らし物語とは
①自然と暮らしの物語〜豊かな自然と都市機能が調和し、暮らしに対する安心感や快適さを抱くことができるまち
②暮らしと伝統の物語〜伝統と高い技術に裏付けられた工芸品、地酒や食品など、暮らしの中で親しまれている数々の特産品があるまち
③先人と文化の物語〜日本・世界の歴史に名を刻まれる先人達が暮らし、演劇、音楽、美術を人生の糧にする市民が多い文化の薫り高いまち
④人と人を紡ぐ物語〜分かち合いの気持ちや思いやり、もてなしの心が厚く、他者との絆を大切にするまち
(盛岡市ホームページより引用)

もりおかコネクトでは、このうち「テーマ②『暮らしと伝統の物語』」に注目し、盛岡の魅力の掘り起こしとPRに取り組んで参ります。

もりおかコネクトの取り組み① ものづくりを通じた盛岡の魅力創出

盛岡市では南部鉄器や岩谷堂箪笥、浄法寺塗などといった伝統工芸品の職人が活躍するとともに、日本酒や南部煎餅、駄菓子などの食文化も長い間市井に息づいており、ものづくり・食文化の歴史と奥深さを体感することができることが大きな魅力の一つになっております。

もりおかコネクトでは、盛岡広域の地域資源・手づくりの品々を通して盛岡のこだわりを紹介するとともに、地元の手仕事の魅力を掘り起こしに取り組んで参ります。

ものづくりコンテンツに進む。

もりおかコネクトの取り組み② 繋地域の魅力創出にチャレンジ

1986(昭和61)年、「見る・触れる・創る」をコンセプトとした、ものづくり・食文化の交流発信拠点「盛岡手づくり村」が繋地域北部の尾入野地区で開業し、年間40万人の方にお越しいただいております。近年は各工房の若手職人の企画立案による伝統の技や手仕事の魅力発信を積極的に展開中です。

また、繋地域南部には、盛岡の奥座敷として長年親しまれている「つなぎ温泉」があり、良質の湯や御所湖・奥羽山脈の風光明媚な景色を求めて、市内外から入浴・宿泊客が訪れています。

盛岡手づくり村においては外国人観光客は増加傾向にあるものの、全体の来場者数や展示即売場の売上は年々減少しているのが現状で、国内外に向けた更なる情報発信・誘客促進へどう取り組むかがカギとなっています。

古くから観光地として長らく愛されてきたつなぎ地域がこれからも賑わい続けるためには「盛岡手づくり村」や「つなぎ温泉」への誘客促進を図ることはもとより、地域資源の掘り起こしや近隣の観光拠点との連携が欠かせません。もりおかコネクトでは、地元の方やものづくりの職人さんとともに、地域の新たな魅力と賑わいの創出に取り組み、地域社会の更なる発展に励んで参ります。

つなぎ地域情報をもっと見る

岩手山と開運橋(岩手県観光協会様提供)

ホームにもどる。