2/8-2/11『盛岡手づくり村冬まつり』開催のお知らせ

花巻でネタ探しツアー 似内・宮野目・石鳥谷の巻(前編)

花巻でネタ探しツアー 似内・宮野目・石鳥谷の巻

きのぷー

おばんでがんすー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(^∀^)ノ

今日は花巻でネタ探しツアー。
年末、悪天候のため断念した花巻空港の南・似内(にたない)周辺の現地調査を皮切りに、花巻空港周辺〜旧石鳥谷町を訪ねてきました。

JR花巻駅→本舘→似内

JR花巻駅からバスで花巻空港の南、本舘(もとだて)まで行って、ここから似内駅まで歩くことにします。

本舘バス停
本舘バス停

ここで東京行の高速夜行バス「イーハトーブ号」の乗車が可能(要予約)。
駅前やバスターミナル、道の駅でもない一般のバス停に夜行バスを停まるのは、岩手県発着だとイーハトーブ号ぐらいなもんです。
石鳥谷上町はまだ駅から徒歩圏内やけど、ここは駅からだいぶ離れてて徒歩圏内とは言い難い。

花巻市下似内の田園風景
似内駅周辺は田園地帯。
写真のすぐ後ろに釜石自動車道が走っていて花巻空港インターも近く。

JR似内駅前

似内駅前の風景

似内駅前。周辺は民家が立ち並んでます。
一応、いわて花巻空港ターミナルビルの最寄り駅(約2.8km)やけど、そんな雰囲気は欠片もないローカル駅。
釜石線自体の列車本数が少ない上に快速が通過(一日下り7本、上り8本が停車)

地域住民に配慮して、このままの雰囲気を残したほうがええわな。

似内駅舎

ホームの北側にある似内駅駅舎。
駅舎の脇は月極駐車場。

似内駅待合室

似内駅の待合室。

似内駅駅名標

似内駅駅名標。エスペラントによる愛称は「La Marbordo(ラ・マールボルド:海岸)」
海からめっちゃ離れたこの場所を海岸と呼ぶのは、宮沢賢治が北上川の川岸の一角(花巻市上小舟渡周辺)を「イギリス海岸」と名付けたことに因んでのこと。
ただ、ダムが造られ、河川工事も進んだ今日、宮沢賢治が当時見たであろう風景はなくなりつつあるけど。

上似内バス停

似内駅の最寄りのバス停は「上似内」
路線バスは平日1日4往復、休日2往復のみで、ルートは花巻空港にかすりもしません。

ここから、花巻空港近くを歩いてみます。

(中編へつづく)