11/26-12/1 東京・上野で盛岡を伝える写真展「ワタシ、ここで、ikite、いる。」開催決定!

2019年11月24日週の活動報告

2019年11月24日週の活動報告

きのぷー

こんぬづわー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(^∀^)ノ
地域おこし協力隊きのぷーのウィークリーダイジェスト、
今日は11月24日週の活動報告をさせていただきます。

活動した内容

もりおかコネクトWebページ作成

ブログ記事の投稿及び情報収集を進めました。

11/26 協力隊ミーティング

各人の近況報告を共有しました。今回は特段の議論はなし。

11/26 FCP岩手ブランチ「いわてビジネスセミナー&交流会」(於:プラザおでって)

「食産業事業者が直面する課題や対策の好事例について情報提供し、事業者間で情報交換、交流することにより、事業者間連携による新事業展開を促進すること」を目的として開催。私はセミナーのみ参加致しました。「『岩手ブランド』のポテンシャルを考える」と題した鼎談と「『事業者間連携・農商工連携から学ぶ』ビジネスヒント」と題したパネルディスカッションでした。岩手革さんはじめ地元の経営者の方が多数出席されておりましたが、個人的には日々の活動に直接リンクする内容ではありませんでした。

11/27 いわて花巻空港現地調査

いわて観光グローバル人材育成講座の受講を受け、今年就航した花巻⇔上海便の状況を知りたく、いわて花巻空港に出向いて現地調査を実施。

調査結果概要
①中国東方航空公式ウェブサイトの情報によれば、機材はエアバスA319(座席数120)またはA320(座席数156)
②乗客数はおよそ40名。そのうち30名ほどの団体客が札幌行きのトランジット。10名ほどの乗客はタクシーまたは盛岡行きシャトルバスに乗車。
③反面、台湾便は団体客が多く、チェックインカウンターが混雑していた。
④トランジット客向けのサービスの強化、市街地への動線が不便なため、空港を中心とした街づくりをしてもいいのではないかと思った。

詳しくは下記の記事を御覧下さい

いわて花巻空港に行ってきました いわて花巻空港に行ってきました① いわて花巻空港に行ってきました② いわて花巻空港に行ってきました② いわて花巻空港に行ってきました③ いわて花巻空港に行ってきました③

11/29 日本メドトロニック株式会社訪問

盛岡広域の地場産品のPRを兼ね、前勤務先を訪問。
午前中は同社の東京オペレーションセンター(TOC、大田区平和島)を訪ね、仲良くしていた先輩方と再会。この1年、メドトロニック社内は激動の1年だった模様。その点、TOCは概ね平和だったようです。平和島だけに。

午後は本社オフィスのある品川シーズンテラスを訪ね、元所属部署であるサプライチェーンプランニングチームのメンバーと面会し、1年間の近況を報告し合いました。

メドトロニックでは地域貢献・障がい者の自立支援の一環として、大田区内にあるNPOとの協働でパンや焼き菓子などを社内販売する「チャリティーカフェ」を不定期に開催する一方(本社、東京サテライトサイト)、同社が入居している品川シーズンテラスでは丹青社・富士通共催で沿岸部の展示物販イベントも毎年開催しています。

盛岡や三陸沿岸部の物産展を同社で行えないものか・・・。
実現のハードルは高いけど、これ実現したらすごい。
ダメ元でものづくり推進課の会議で提案してみよう。

盛岡を伝える写真展「ワタシ、ここで、ikite、いる。」手伝い

11/26〜12/1の6日間、東京・上野にある「ROUTE BOOKS」というお店で、地域おこし協力隊・石井隊員の写真展が開催され、私は11/30に物販のお手伝いに行ってきました。

店舗の雰囲気を活かしながら、不特定多数に見せるというよりは、来訪者一人ひとりと会話を楽しむことに重きをおいた展示会でした。SNS全盛の時代だからこそ、こうした地道なPR活動でファンを獲得していくことも大事にすべきだと思いました。

着任から1年

2018年12月3日より業務を開始してより本日で1年となりました。ものづくり推進課をはじめとする商工観光部の職員の皆さまに支えていただき、今日まで大過なく役を務めることが出来ました。本当にありがとうございます。特に中国出張の実現は、将来の起業定住に向け大きな一歩となりました。目に見える成果はまだこれからですが、盛岡広域の地場産業振興に貢献できるよう、日々の活動に精進して参ります。引き続き大変お世話になりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
谷藤市長と私

課題等(感想や今後の取組への課題)

1年目の活動総括、2年目の活動計画策定

近々に1年間の活動を振り返り、翌年度の活動計画を改めて作り直したいと思います。

課からのアドヴァイス等

後日更新。