11/26-12/1 東京・上野で盛岡を伝える写真展「ワタシ、ここで、ikite、いる。」開催決定!

盛岡市産業まつり楽天市場店のテコ入れ大作戦!②

盛岡市産業まつり楽天市場店のテコ入れ大作戦!②

きのぷー

こんぬづわー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(^∀^)ノ

盛岡広域の地場産品を販売している「盛岡市産業まつり」楽天市場店のテコ入れ大作戦。

先日記事にしたデータの取りまとめと分析が大方終わり、関係各位にレポートしました。
盛岡市産業まつり楽天市場店のテコ入れ 盛岡市産業まつり楽天市場店のテコ入れ大作戦!

データを取りまとめた結果は?

包み隠さずオープンにしたいところですが、そんなわけにもいかないので、差し支えない程度にレポートしますと、

楽天市場データ分析結果
・スマートフォンからの購入者とPCからの購入者の割合 6:4
・新規購入は冷麺が多い
・アロニア3袋セットが一番リピート率が高い→ここ強化すべし
・上記以外にも、売れ筋の冷麺よりもリピート率が高い商品が少なくない。
・3回以上購入のリピーターをどう増やすか
・冷麺がよく売れている。売上の柱なのは間違いない。
・冷麺以外に隠れた売れ筋商品がある。
・販売中のアイテムの中に直近1年で販売実績0のものが多数見受けられる。2年以上売れていないものも少なくない。
(いわゆる販売終了品、倉庫格納品以外で結構な数がある)
→顧客のニーズが合わないのか、サイトの購入動線が悪く売れるものも売れていないのかの点検は行わず。早急に点検して販売戦略を見直すべし

・1年間毎月必ず売れている商品がある、中には24ヶ月連続で売れているものもある。
・同一商品なのに別のカテゴリに扱ってしまって、別商品扱いしているものがある。管理上問題あり。
・売上高は下降傾向。
・客単価はここ10年大きく変わっていなかった。

地場産センターから売上レポートは毎月市役所担当者に配信されていますが、スポット観測のため、これだけでは正直店舗の傾向が見えづらかったです。

データを蓄積することでゆくゆくは販売予測を立てられるようにし、かつ、潜在的な強みと問題点を明らかにすることができました。

まずは、CVRを上げるために、スマートフォンサイトの作り込みをしたほうがええね。

皆さま、是非「盛岡市産業まつり」でお買い物を!