10/12-14「盛岡手づくり村秋まつり2019」開催決定!

2019年8月4日週の活動報告

2019年8月11日週の活動報告

きのぷー

こんぬづわー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです(‘◇’)ゞ

地域おこし協力隊きのぷーの1週間
今日は、8月4日週の活動報告(ダイジェスト版)をお伝えします。

活動した内容

・もりおかコネクトWebページ作成
つなぎブログ記事の新規投稿及び投稿に関する資料収集を進めました。

・8/8 つなぎ源泉管理訪問
佐藤社長と面会し、空き家に関する打ち合わせを進めた。まずは空き旅館について所有者の意向を確認することに決定。佐藤社長を通じて所有者に確認した結果、今後ご自身で使うことはないので売却等考えてもよいとのこと。

一旦持ち帰り、課内で情報共有し、了承が得られ次第、内見や条件確認等、更に具体的な話を進めることにする。現実問題売買交渉は困難なため、最初は賃貸での運用ができないか、ご提案したい。

・8/10 盛岡手づくり村夏まつり
 8/10-12の3日間開催の盛岡手づくり村夏まつり初日。午前中は雨が降ったり止んだりして客足が鈍かったが、お昼前より天気が回復し、いつもの賑わいが戻ってきたように感じた。この日は音響回りを中心にまつりの運営に従事。大きなトラブルもなく初日は無事終了。

一点気になったのが、雨天時の開催に関する案内がホームページやチラシに全くなかったこと。屋外で露店を出したり、イベントを開催している以上、事前にホームページで公開したり、当日の状況等もSNS等活用してアナウンスすべき。

課題等(感想や今後の取組への課題)

今後の検討課題、提案事項

・空き地活用の可能性を探る
 既存の空き家活用が一筋縄ではいかないことがわかった。空き旅館の案件と並行し、空き地にプレハブやコンテナハウスを設置することができないか、調査に着手したい。

・温泉水の活用方法の再構築
 佐藤社長より、源泉の汲み上げを10時間休むなど、現状温泉水が余っているとのこと。既成概念に囚われずに新たな活用方法を考え、形にして、既存の温泉との差別化を図りたい。

・○○世界大会をつなぎ温泉に
矢巾町で毎年6月に開催されている「ちゃぶ台返し世界大会」。規模はそれほど大きくないものなのに、イベントのユニーク性から全国複数の地方メディアに取り上げられるほどの話題性を呼んでいる。つなぎ温泉でこの手のイベント何か定着させたい。

課からのアドヴァイス等

後日追記予定。