11/26-12/1 東京・上野で盛岡を伝える写真展「ワタシ、ここで、ikite、いる。」開催決定!

第1回 ハッピー起業家養成スクール

第1回 ハッピー起業家養成スクール

アイーナ外観
いわて県民情報交流センター(アイーナ)

こんぬづわー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊のきのぷーです。
今日は、引き続き複雑に入り組んだ「岩手ヘンタイ起業家への道」をお送りします。

昨日から始まった「ハッピー起業家養成スクール」
(主催:はぴままカレッジ)

9/29までの3ヶ月という短期間ではあるけど、

起業による定住を実現できるという確信を持ち、
2020年中(できれば東京オリンピック開会式までに)の開業に向け、
具体的な目標を掲げて動き始めていることが、9/29修了時にありたい自分の姿。

地域おこし協力隊任期終了後に起業していたのでは遅いので
任期中にビジネスをスタートさせることが目標。
これは、市役所の課の皆さんにも公言しているし、何としても実現させたいと思っております。

それでいて、東京で会社勤めしていたときの最大年収を突破できたらなお◎。。。

・・・ ・・・

今回学んだこと
・そもそも起業家とは何をしている人なのか
・起業家がお金を得ている仕組み
・会社員と起業家の違い
・起業家として大切なマインド
・自分らしく起業するために必要なこと
・自分がやりたいことを知る→そこから導き出された自分のミッション、ビジョンは?
・自分ができることを知る

ぶっちゃけ、自分が起業家に向いてるかどうかと言われれば

10人いたら10人とも向いてない!!!!!

って言うやろう。自分でもそう思う(笑)

今後、東北の地域活性化のために自分が取り組もうと思っていることを実現させるためには、起業という選択肢を取らざるを得ないと思ったし、一度きりの人生なので、未開の領域にチャレンジするのも悪くないかなーって。

起業に向いていない人間が下馬評を覆して、起業に成功させた姿を見せることができたら、痛快っしょ。

というわけで、まずは起業の「き」から教わり「自分がやりたいこと・できること」を時間をかけて棚卸しました。

その結果、今日紡ぎだされた「私のミッション・ビジョン」は

「人が遊び心を忘れずにチャレンジできる世界をつくる」

 

・・・どうしてこうなった(笑)

 

悩んだ末に出た答えが予想の斜め上どころか頭上を遥かに通過してったでこれ。
これには講師のまゆさんも周りも衝撃やったようで

 

「人は見かけによらんなあ(苦笑)」

 

と言わしめた。
つーか、周りよりも俺自身が一番驚いたわ(笑)

よくよく考えれば、

歳を重ねるほど、遊び心を忘れてつまんない自分になっているのでは?という危機感はあった。東京に来て、得難い貴重な経験はできたけど、一方で関西にいたときの個性やキャラクターをだめにしてしまった。東京にきてよかったと思ってるけど、この一点だけは悔やんでも悔やみきれない。

そう考えると、遊び心を忘れて燻ってる人たち向けに何かお役立てができることが意外とあるかもしれない。

もちろん、これがビジネスになるかどうかは別問題。
せやけど、これでほんまにビジネスを生み出せたら、相当オンリーワンなことできる。
それは間違いないやろうな。

次回以降も、いとも簡単に予想を裏切るような結果が出るやろうけど、
それも自分にとって意味のあることだと思うことにする。
どうせなら形にしたいとこやね。

詳しくははぴままカレッジ公式サイトへ