10/12-14「盛岡手づくり村秋まつり2019」開催決定!

つなぎ温泉街でフィールドワーク

つなぎ温泉街でフィールドワーク

おばんでがんすー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊のきのぷーです。

先週、つなぎ温泉に地域おこし協力隊のメンバーを招き、つなぎ源泉管理の佐藤社長夫妻との交流会の中で、地域内の空き地や空き家の話が出たので、今日、改めて現地視察の場を設けていただきました。

地域内を回りながら、空き地や空き家の詳細を色々教えていただく中で、「ここは人がお住まいなのでは」と思っていたところが実は空き家だったという家屋が新たに判明しました。

つなぎ地域の空き家
つなぎ地域の空き家の一例。中には廃業した宿泊施設も。

一方、老朽化が進んでいて手が付けられなかったり、家主さんが第三者に貸し出すのに消極的な物件もあったりと、一筋縄ではいきません。

これは非常にまずい。このままでは温泉街の存続自体が危うい。

ただ、地域資源が色々ありそうだし、何か一つ形にできればチャンスはあるということも、わかった。
まだ始まったばかりなので、変に焦ることなく、引き続き、佐藤社長から情報を集めていきたいと思います。

ともあれ、今月から少しずつ、つなぎ地域でのフィールドワークを始めています。
課題は多いですが、地域活性化のために、できることから少しずつ。