10/12-14「盛岡手づくり村秋まつり2019」開催決定!

早速盛岡で引き寄せたかも

おばんでがんすー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊のきのぷーです。
今日は、複雑に入り組んだ「岩手ヘンタイ起業家への道」の巻。

地域おこし協力隊任期終了後、どうせなら今までやったことのないことにチャレンジしたいと思い、起業による定住を目指しているわけですが、

そもそも、起業した経験がないからどこから手を付けていいのかわからん。
いや、もっと言えば起業に向いているのかやめたほうがいいのかが知りたい。

そうした思いを抱きながら、協力隊着任後より色々なセミナーやワークショップに参加し、それそれ気付きや発見があってよかったです。

そうした中、今年3月。岩手県主催のセミナーではぴままカレッジの山田まゆみさんが起業のノウハウ以前の土台作りの話をされておられて「この人に色々教わろう」と決意したのです。

早速翌月、「ハッピー起業家養成スクール体験会」に参加し「自分でもやればできるかもしれない」と思えてきたので、起業に関する連続講座の募集が始まるや、すぐにエントリーしました。

この手の起業セミナーって、だいたい都市圏に行かな受けられへんもんやのに、盛岡でしかも、自宅からわりと近所の青山にはぴままカレッジがあるって、まさかここまでピンポイントに引き寄せられるとは思わなかった(驚)

振り返ると今までの人生、特に東京に来てからかなー。そのときの自分に必要なものやお金、人が絶妙なタイミングで揃ってきた気がする。自分が望んだこともあるし、特に願ってはいなかったけど、後々になって自分のためになっていたなと気付いたり。

社長入れて社員数4人しかいない小さな会社で社会人生活を始め、東京に来て中小企業を転々としてきたのに、最後は大手外資系企業で仕事できるチャンスもものにできた。それも、今までのキャリアを考えれば1000%採用されない会社で、たまたま人出がほしくて声をかけていただいた。

まあ、元来優柔不断なので、運の流れに任せながら、「これは」と思ったことをその都度頑張ってきたことがたまたまいい方向だったので、そういう意味では、人よりは運はいいほうかも。
(それがいつまで続くかわからんが、、、)

沿岸部の復興をと思って転職活動したけど、ことごとくダメで、よりによって旅行でたまに来てたぐらいで知り合いが一人もいなかった盛岡で、地域おこし協力隊として活動することになったけど、ものづくり推進課に配属されて企業訪問する機会にめぐまれたり、盛岡という街は昔から京都や近江商人と縁があったと知り、盛岡に来たことは意味があったのかもと思えてきました。

ということで、明日からはぴままカレッジの6カ月講座「REAL ME」を受けて参ります。

盛岡に来て、絶妙なタイミングで引き寄せたチャンスを大事にしたいなと。
活かすも殺すも俺次第やけど><