10/12-14「盛岡手づくり村秋まつり2019」開催決定!

うるしの國・浄法寺|滴生舎さんへ行ってきました

うるしの國・浄法寺|滴生舎さんへ行ってきました

滴生舎さん外観

こんぬづわー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊のきのぷーです。

県北訪問最終回。
最後に、浄法寺漆の産地・二戸市浄法寺町にある「滴生舎」さんを訪ねました。

浄法寺塗の工房と店舗を兼ねており、接客いただいた店員さんより、漆採取から浄法寺塗りの基本的なところを一から丁寧に教わってきました。

ウルシノキ 展示説明用サンプル

せっかくなので、小ぶりのカップを買って帰りました。

今回訪問した企業の皆さんの共通点

今回訪問した企業の皆さんが共通して仰っておられたのは

きのぷーが考える皆さんの共通点
  1. 自らの商品・仕事・地元愛に並々ならぬプライドを持ち、行動の原動力となっている。
  2. 商売をしている以上、いいものを作るだけではだめで、売れないと意味がない。
    他所と同じものを作っていても商売にならない。「つくる」と「売る」は違う。
  3. 地方・国外問わず、自らが商品を持って、飛び込みで営業し、販路を開拓した。
  4. 人のつながりを大切にし、「いい出会いに恵まれた」と常に感謝の気持ちをもって商売しておられる。

協力隊に着任してより、これまで多くの企業を訪問し現場の最前線を見て参りましたが、売り上げも上がっていて元気な企業にも共通していると感じました。

大変な思いをされながらも、基本に徹し「世のため・人のため・地域のため」に商売を続けておられる皆さまに敬意を表しつつ。

公式ウェブサイト