チャレンジしよう!手づくりの技に!手づくり村ハンドクラフト教室 開催決定!

お江戸ものづくりツアーでござるin葛飾

お江戸ものづくりツアーでござるin葛飾

知られているようで意外と知られていない東京のものづくり文化を求め、葛飾区を訪ねました。

東京スカイツリーの最寄駅押上から電車で10分ぐらいのところにある立石エリアへ。
京成立石駅前には何と

ようこそ!!キャプテン翼ゆかりの地 葛飾

キャプテン翼の作者・高橋陽一さんが地元のご出身とのこと。
へえー、知らなかった><

詳しくはこちら

大空翼&岬太郎コンビに出迎えを受け、駅から歩いですぐのところにある葛飾区伝統産業館へ。
葛飾区伝統産業館

かつて、この建物は葛飾区役所立石出張所でした。出張所が閉鎖し、遊休施設となっていたところを、地元の職人さんの集まりである「葛飾区伝統産業職人会」の有志がこの建物を賃貸し、地場産品を展示販売するようになったのだとか。

他自治体にはみられない同館の特徴として、

職人さんご自身とそのご家族が当番でスタッフ業務を行っている

こうすることで経費も抑え、なおかつその収益で職人さんの手によって自主的な管理・運営を行っているわけです。「職人達の職人たちによる職人技の直販・直売店」という点は大変な面もあるでしょうけど、なかなかユニークやね。

館内の様子

館内の展示品を見ておりましたら、面白い物を見つけました。

小じゃみチントン

右側は、通常よく見る三味線ですね。
注目は左側の三味線。これは「小じゃみチントン」と言って、簡単に作ることができる三味線キットの完成品です!ご覧の通り、普通の三味線より小ぶりで、皮も紙で出来ております。

簡単に作れるキットとて侮ることなかれ。プロデューサーは地元のプロの三味線職人「三絃司きくおか」さんなのです。

普通の三味線と比べるとどうしても音色の差はありますが、簡単に組み立ててこれだけのクオリティが出せることがスゴイ。

子どもたちや外国人観光客に大人気で、各種メディアでも数々取り上げられたようです。

そらそうでしょう。

こういうのだと、手軽に扱えて保管もしやすく、価格もリーズナブル。

ちなみに、本格的な三味線キットも御取り扱いされているようなので、
ご興味ございます方は、是非!

三絃司きくおか

伝統産業館公式サイト

ともすれば、都会のエネルギッシュな部分やトレンドリーダーの側面が殊更強調されがちな東京ですが、古くからのものづくりが江戸・東京の発展を支えてきた一端を垣間見た思いでした。

おまけ1
京成立石駅から葛飾区役所に向かって歩いておりますと
タカラトミー本社

タカラトミーの本社ですわ。
タカラトミーしかり、台東区にあるバンダイしかり、有名なおもちゃメーカーの本社があることも、東京のものづくり文化を物語っているように思えてなりません。

おまけ2
葛飾区と言えば、柴又(男はつらいよ)や亀有(こちら葛飾区亀有公園前派出所)もあまりにも有名で、そういう分野での地域資源があるのは心底うらやましい。