11/26-12/1 東京・上野で盛岡を伝える写真展「ワタシ、ここで、ikite、いる。」開催決定!

秋保工芸の里

秋保工芸の里

秋保工芸の里 写真1

仙台の奥座敷・秋保温泉郷。
手仕事の美を今に伝え続けておられる「秋保工芸の里」がございます。

「盛岡地域の手仕事の魅力の掘り起こしや情報発信」が私に課せられたミッションの一つでありますが、そもそも

盛岡地域もさることながら、全国各地の手仕事の魅力を知らないといけないっしょ!

というわけで、先日記事を出した会津若松や生まれ育った京都を皮切りに、全国各地のものづくり最前線に飛び込んでいっております。

秋保工芸の里 写真2

秋保工芸の里の魅力は何と言っても

秋保の里山で暮らしながら、各工房さんが「本物のものづくり」に取り組んでおられる

ところでしょう。

平日昼間ということもあり、工房周辺を歩いておりますと、静かな里山からは鳥のさえずりと、工房で木を切り、削る音が聞こえてきました。ものづくり体験も可能ですので、是非、現地で手仕事の臨場感を味わっていただきたいと思います。

仙台駅からバスで約1時間弱。仙台駅と秋保温泉、川崎町を結ぶ「秋保・川崎 仙台西部ライナー」を御利用下さい。日中おおよそ1時間ごとに運行されておりますが、冬期期間中は事前予約が必要のようです。

秋保工芸の里 写真3