国内旅行業務取扱管理者試験を受けてきた結果、衝撃の事実wwwww(9/1)

当サイトのコンテンツ紹介。

当サイトのコンテンツ紹介。

こんぬづわー、岩手県盛岡市地域おこし協力隊きのぷーです。

今日からしばらくの間、当サイトの各コンテンツの紹介記事を書いていきます。

もりおかコネクトのコンテンツについて

はじめての方向けの案内文にも記載しております通り、
もりおかコネクトのコンテンツは大きく分けて3つです

つなぎ地域の地域情報(「歴史」「特徴」「名物」など)をご紹介

繋地域の名前は地元の方には割と知名度はあるものの、県外にお住まいの方で名前すら知らないという方が多いように思います。

実は、管理人も1年ちょっと前に初めて現地を訪問するまで、繋の「つ」すら知りませんでした^^;

繋地域の知名度アップのために、地元の地域情報発信を当サイトが担うことにしました。

「繋」の表記につきまして
正式な地名は「繋」と漢字表記ですが、近年は「つなぎ温泉」のように、対外的にはひらがな表記を用いるケースが多くなりました。当サイトでは、原則ひらがな表記を取らせていただきます。

つなぎ地域にある「盛岡手づくり村」を中心に、盛岡広域のものづくりの魅力をご紹介

盛岡手作り村は職人さんの技や伝統工芸品、郷土の食べ物と言った製作風景を間近に見学することができたり、職人自らの手ほどきを受けてものづくりが体験できることができます。一箇所で様々なジャンルの工房さんを構えている施設は全国的にも珍しく、年間40万人の方がお越し下さっております。

南部鉄器や三大麺と言った全国的に高い知名度を誇る名産品以外にも、盛岡広域には知られざるものづくりの魅力があります。そうした魅力を掘り起こし、新たな視点で盛岡の良さをPRしたいと思います。

つなぎ地域で活動中の「地域おこし協力隊」の情報を発信

2017年度より、盛岡市で地域おこし協力隊の活動がスタートし、2019年4月現在12名の隊員が、9のプロジェクトに取り組んでおります。

2019.7.16追記
新たに2名着任しましたので追記しました。
2019年4月現在12名の隊員が、9のプロジェクトに取り組んでおります。

2019年7月現在14名の隊員が、10のプロジェクトに取り組んでおります。
(1)盛岡が持つ魅力のPR(市内全域) 2名
(2)移住・定住・交流人口対策の推進(市内全域) 2名
(3)「農」を軸として大ケ生ライフのモデル構築(大ケ生地域) 1名
(4)金山の里・大ケ生地域における山里暮らしのモデル構築(大ケ生地域) 1名
(5)天狗の里・簗川地域における山里暮らしのモデル構築(簗川地域) 1名
(6)ユートランド姫神を軸とした玉山エリアの活性化(玉山地域) 2名
(7)極寒天国(しばれすとパラダイス)・薮川地域をもっと稼げる地域に!(薮川地域) 2名
(8)スポーツによる盛岡広域圏の魅力発信と賑わい創出(盛岡広域) 1名
(9)「盛岡手づくり村」と「つなぎ温泉」等との連携による繫地域の魅力創出(繫地域) 1名
(10)「ハンター×農業で切り拓く!ヒトと野生鳥獣が共存する地域づくり」(猪去地域) 1名

岩手県を代表する盛岡市ですが、市内の中山間地域では人口減少が進み、地域の担い手不足が顕著であり、盛岡市がこれからも岩手県になくてはならない存在であり続けるためには、市が直面している様々な課題に対し、新たな視点で取り組むことが求められます。

地域おこし協力隊の活動内容は公式Facebookページをご覧いただけますと幸いです。
https://www.facebook.com/moriokachiikiokoshi/

目下、1000いいね!の獲得に挑戦中
です。まだの方は是非「いいね!」お願い致します!

個々のコンテンツの詳細は追々ご紹介しますね^^

ではまた次回。
ごきげんよう。